読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事実は小説よりも奇なり。

Akane’s blog 備忘録

久々に太陽の光を浴びてる病院DAY

最悪にも処方箋薬局が混みすぎてる問題。
20分待ちって言ってたのに、
45分待ちだと!?

今日は朝から保育園に我が子を送り、珍しく大好きなママさんに会ってちょっとお茶して、病院行ってきた。

すごい美人さんなお姉さんがいた。薬局に。
超細くて原宿系。
見惚れた。

背高いと超細くても素敵だわ。

病院では死んでる怠惰ismな私をさらけ出してきた。
呆れるよね。はぁ。。と言いつつ。

私、どうでもいいなぁって1日過ごせたらいいやって思って生きてきたのに、ずっと先のこと考えるようになっちゃって。
子どもの為とか何とか人に言われて、最初は子どもの為とかうるさいわーくらい思ってたのに、いつの間にやら私が悪いんだなって。
先のこと考えすぎて、自分のやりたいことに目を向けられなくてそんな感覚も忘れた。。って。

だから、やりたい仕事なんてないし、やり甲斐なんて感覚もよくわかんないって話をした。

明確な基準があって、それに沿って評価されるなら私は落第点でも構わないけれど、
社会は意外と明確な基準ってなくて、曖昧に何となく評価されて、それは根拠がなかったり、感情論だったりするでしょう?

私はそのことが耐えられない。
曖昧な基準で曖昧に評価されて、納得いかない落第点をつけられると、人間性全てを拒否されてる否定されてる気がする。

風俗なんてかなり明確。
見た目が好みじゃなければまず呼ばれることもない。趣味嗜好のマッチングがかなり大事。
だから、第一のハードルで私は選ばれなくても特に不快感もない。

だって、マドンナみたいなダイナマイトボディー指名で私のような子供体型まな板ボディ来られても困るでしょう?

性格は演じられても、マドンナにはなれないから。

というわけで、私の職業は何でもいいそうです。
作業能力はある。けれど、こころがついていってないから何もできないらしい。

こころと脳は繋がってると思うんだけど。
というか、生物学的には一緒でしょ。
なぜ、こころっていうものを分けて考えてみたのか。
今更なぞ。

アディオス!