読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事実は小説よりも奇なり。

Akane’s blog 備忘録

生が怖い私

私、体力の衰えを感じ始めてからというもの、ナマモノ食べるのにドキドキするようになりました。

あたったらどうしよーとか。
でも例えばあと50年生きるとして、ナマモノを食べない人生って。。
なんて悲しき。と思ってたらこの記事〜!


明日サーモン買ってこよう。ていうか年末は食べ物高いよねっ。
サーモンで作るユッケがめちゃくちゃ美味かったからレシピ載せとくわ。 - くっくす!

今日は我が子を保育園に送り届け、仕事に行ってみた。ら、ひーまー。
帰りたい大魔王が暴れ出して、帰りたい帰りたいって言いまくり。

ま、昼過ぎには電車に揺られて遠くまでデリバリーされてきましたけどね。
よかった。暖かくて。

で、仕事して、いったい何が嫌なのか?っていうことが更に曖昧になった。
本来今日は仕事に行ってみて、本当にイヤだと感じて、さっぱり足を洗う。
もしくは、この仕事天職!って感じて身を投じる。どちらかのジャッジをする為に行ったのだ。

もう、悩むことに疲れたの。仕事行くか否かとか。
でも特に何にも感じなかった。ジャッジできなかった。
風俗の仕事で嫌なこと?
数え上げればきりがない。だけど、絶対に嫌!
っていうことは浮かばなくて。
ぼんやりと嫌だなぁと感じるだけで。

そんなこと、何の仕事でもあるよね。

と思うと、辞めるとか続けるとか今はまだいいか。って。

確かに帰りにお財布2000円。。。だけ!?となると話は別だけど、
時給換算すれば納得の金額だし、
そこで嫌だなぁという気持ちは緩和された。

かといって、明日も明後日も明々後日もこの仕事嫌じゃない!って思うとは限らない。
絶対に最悪、マジ最悪最悪、って思うときある。

私のモチベーションだったり、体調だったり、お客様だったり、スタッフだったり、使うホテルの質だったり、帰りの電車だったり。

いろんな事が絡んでね。

こうやって考えれば、まだ需要がある間はやれる気がする。

やめるやめる言いながら辞めない人。
はーい!

アディオス。